下地塗りなどが必要になる

外壁塗装作業は、たぶんどこの業者に任せても変わらないとは思います。我が家は、下塗り・中塗り・上塗りの工程で、総工事日数15日ほどかかりました。また、外壁のみならず、軒裏の天井部分であったり、雨樋の周りも塗装してくれたので、仕上がりには満足しています。中塗り・上塗り塗料と違うのが下地で、見積書にはプライマーと記載されていました。我が家は経年劣化もあまり見られなかったことや、塗装面の状態も悪くないため下塗りは1回でした。ただ、塗装に関しては実績ある作業スタッフばかりだったので、きれいに仕上げていただけたのですが、下塗り?上塗りの過程で、塗料の乾燥を待つ時間がかかるのは困りものでした。その間、工事は中断されますが、養生シートや足場はそのまんまなので、日差しも入らず、換気もままならない状態・状況でした。でも、知人宅では塗料の種類によるのかもしれませんが、2回で済ませていたようで、塗装も1週間ほどで完了したようです。必ずしも、何度塗りが正解とはいえませんし、手抜き工事をしているワケではなく、塗料の種類によっても工期の間隔は異なると思います。ぜんなく下塗が必要なのかと、業者に質問したところ、下塗り工程は壁面と上塗り剤を密着させる接着剤の役割があるので、塗料がすぐに剥げてしまうことを防ぐと説明を受けました。また、我が家は経年変化がまだ見られませんでしたが、劣化した壁面を補修する役割もある話しでした。