事前確認や準備も必要

外壁塗装は長期間にわたって日光や雨風に耐えて塗膜性能を維持するために、単に、耐候性の良い塗料を使うだけでなく、適切な現場管理をすることもポイントだといえます。実際に我が家も外壁塗装を業者に依頼をして施工してもらいました。適切に正しく塗装しなければ、その性能を発揮することはできません、そうした応えが業者からは返ってきたのは安心感になりました。我が家の塗り替えは、生活をしなければならないので、短工期な作業をお願いしました。そのため、事前準備を迅速にしてもらえました。我が家の場合の塗装仕様の確認なのですが、小さな塗装部分でありながらも、軒天、破風、バルコニーの手摺や物干し、老化の激しい雨樋までもがありました。材木やプラスチックなどが使われていて、塗装するよりも交換すべき場合もあるようで、一つ一つ、きめ細かく塗装範囲を確認してもらえました。業者の管理も徹底してくれており、自分と契約した塗装仕様を守り、間違いない塗装、塗料の必要量をリストアップしてくれたり、必要な塗料だけを持ち込み、使い切るように努めてくれました。また、外壁塗装は養生状態の事前確認もしてもらえます。丁寧な養生をしていなかった知り合いの場合、塗装をしない箇所に塗装を付着させたり、仕上がり不良となったようです。養生状態は自分も事前に確認させてもらえました。開口部や玄関まわりの養生だけでなく、付近のマイカーや植栽についても気配りしてもらえました。