定期的な外壁塗装が理想的

数年前に外壁が老朽したと言っていた知人が、最近外壁塗装をしたらしく、満足そうに話してしていました。
外壁塗装をした時の感想は、想像していた以上に費用を費やす…ということです。費用が高くて、しばらくの間様子を見ながら過ごしていたのだといいます。
しかし、月日が経過するたびに色あせが目立つようになり、ようやく決心したのだとか…確かに外壁塗装は費用がかかります。
住宅の規模が大きいほど費用は高くなるのが基本です。知人の住宅は一般的な大きさですが、費用はどれくらいかかったのかは不明です。
また、外壁塗装は1日で完了することはなく、工期が長くなります。
塗装前に洗浄をして、ひびなどがあれば補修し、その後に下塗り、中塗り、上塗りというように工程がいくつかあるので工期を費やすのです。
また、見積もりをするので、そのための時間もかかります。
知人の場合天候が塗装にふさわしくない日があり、その時は工事ができなかったと言っていました。それだけ工期が延期になったそうです。
費用はかかったものの、外壁塗装をしたらきれいになり気分が良くなったようで、リフォームをして正解だったと言っていました。
定期的なリフォームは、快適に暮らすために重要なのだなと改めて思いました。

外壁塗装は意外と費用が高く、それがネックでなかなか踏み出せないものですが、老朽した状態を放置していると気になります。快適に暮らすためにも、定期的なリフォームが理想的です。