外壁塗装は早めのうちに対応を受けておいたほうがいいです

自宅の外壁塗装を職人の方々に対応してもらった時の話になりますが、実家ぐらしでもあるため、住まいも老朽化が進み、特に外壁とかはぼろぼろな状態になっていたのを気づいていたので、親とか弟に相談をして承諾を得てから、塗装関係の仕事をしている知人に連絡を入れ、知人が仕事している業者に対応をしてもらった形となっています。 たまたま、塗装関係の仕事をしている知人がいたのもあり、スムーズに外壁塗装の対応を受けることができ、リーズナブルな料金にて対応してもらえたので安心したことを覚えています。 当時の実家の外壁はひび割れとか陥没している部分なども複数あったため、対応していた職人の方々も多少ですがびっくりしていた感じだったけど、職人として仕事をしている知人の協力もあって、施工なども計画的に行われ、見違えるほどの外壁になったのであります。 ひび割れとか陥没していた外壁部分に関しては建築などの経験がある一人の職人の方が無償で修理や修復などもしてくれたおかげもあり、元通りの外壁に戻してくれたのです。 雨や台風および雪などにさらされていた外壁だけあって、かなりのダメージを負っていたようであり、知人からも早めに依頼を出しておいて正解だったなと言われております。当時のことを振り返ると早めに親と弟に相談をして承諾を得てから外壁塗装の施工依頼を出したため、その時のタイミングが一番良かったんだなと今も感じてます。 今は安心して実家に過ごすことができていて、外壁とかの部分はたまにですが掃除してあげたり、教わったちょっとしたメンテナンスもしていたりします。