父親の偏見

玄関チャイムが鳴ると、父親は慌ててカーテンを閉めた。
母親、「何してるの?」
父親、「塗装屋さんだろう?」
母親、「そうよ。貴方、早く出て」
父親、「俺が出るの?君が出ろよ」
母親、「貴方、世帯主でしょ、出てよ」
父親、「俺、苦手なんだよ」

玄関ドアを開けて塗装屋さんに挨拶する時の母親は、父親と話す時より声がワントーン高くなった。
母親、「おはよう御座います。宜しくお願いします」
家の外から多少聞こえるのは、脚立や塗料が入った缶の金属音。
その金属音が聞こえる度に、父親は「しかめっ面」をする。

塗装屋さんに挨拶を終えた母親が部屋に戻って来ると
父親、「玄関ドアのカギは掛ったか?」
母親、「どうしてカギを掛うのよ?」
父親、「カギを掛けないと不用心だろ」
母親、「塗装屋さんがいるじゃない」
父親、「だからカギを掛けろって言ってるの!」
母親と私、「???」

父親がカーテンを閉めっぱなしにするため、飼っている犬が1日中キャンキャン鳴いている。
私、「勉強の邪魔だから。散歩に連れて行ってよ」
母親、「私はダメよ、ご飯を作ってるから」
父親、「俺が行くの?」
私が勉強部屋、母親が台所へ行くと、父親が犬を散歩に連れて行くことになった。
父親、「家のカギは何処?」
母親、「カギなんて掛けなくても良いわよ」
父親、「ダメだよ、不用心だから」

勉強部屋にいると、玄関ドアのカギが「ガチャ」と掛かる音が聞こえた。
30分後、散歩から父親が帰って来たのだが、玄関ドアのカギが掛かる音がしない、どうしてだろう?
気になってリビングへ行くと
父親、「塗装屋さん、感じの良い人ばかりだな」
母親、「どんな人が来ると思ったの?」
父親、「てっきり、ヤンチャな人が来るかと思った」
母親、「それは偏見よ」

家の外壁塗装は約1ヶ月続いたが、音を感じたのは、足場を組む時と解体する時くらい。
窓を閉めていると、塗料の匂いさえも感じなかった。