年代が変わる時に行われる外壁塗装

私が生まれた時に建てた実家は、今回で3回目の外壁塗装。
初めての外壁塗装は私が10歳の時、2回目の外壁塗装は私が20歳の時、3回目の外壁塗装は私が30歳になったから。
4回目の外壁塗装があるなら、私が40歳の時に行われるだろう。
母親、「いつ外壁塗装をしたか、次はいつ外壁塗装をするかが分かりやすいでしょ」
私の家では、外壁を塗装してキレイになったら、家族が家の前に揃って記念写真を撮るのだが、母親が持っているのはケーキ屋さんの紙袋。
私、「10歳の時も、20歳の時も、同じケーキ屋さんだったんだね」
母親、「貴方の誕生日のためにケーキを買って来たのに、近所の人から外壁塗装のお祝いにケーキを買って来たの?と言われたことがあるわ」
昔話をしながら、30歳の誕生日も、昔と同じケーキを食べた。
父親、「いつまで、こうして家族3人でケーキが食べられるんだろう?」
私、「40歳の時も一緒に食べてるわよ」
私としては親孝行のつもりで言ったのに
母親、「いい加減、結婚しなさい」
家族で食べる30歳の誕生日ケーキは、甘さが控えめに感じた。

ゴミ袋の中に入れても、誕生日ケーキの箱は存在感がある。
ケーキの箱が入ったゴミ袋を捨てに行き、戻って気付いたのは外壁塗装でキレイになった家が、ケーキに似ていること。
30歳のお祝いで食べた誕生日ケーキは、スポンジが3層になっており、3階建ての我が家と同じ。
ケーキの上に乗っているチョコレートは、我が家の屋根と同じ茶色。
ホールのまま買ってくる誕生日ケーキで、チョコレートが乗ったところを私が頂くのは、子供の時から変わってない。

父親の偏見

玄関チャイムが鳴ると、父親は慌ててカーテンを閉めた。
母親、「何してるの?」
父親、「塗装屋さんだろう?」
母親、「そうよ。貴方、早く出て」
父親、「俺が出るの?君が出ろよ」
母親、「貴方、世帯主でしょ、出てよ」
父親、「俺、苦手なんだよ」

玄関ドアを開けて塗装屋さんに挨拶する時の母親は、父親と話す時より声がワントーン高くなった。
母親、「おはよう御座います。宜しくお願いします」
家の外から多少聞こえるのは、脚立や塗料が入った缶の金属音。
その金属音が聞こえる度に、父親は「しかめっ面」をする。

塗装屋さんに挨拶を終えた母親が部屋に戻って来ると
父親、「玄関ドアのカギは掛ったか?」
母親、「どうしてカギを掛うのよ?」
父親、「カギを掛けないと不用心だろ」
母親、「塗装屋さんがいるじゃない」
父親、「だからカギを掛けろって言ってるの!」
母親と私、「???」

父親がカーテンを閉めっぱなしにするため、飼っている犬が1日中キャンキャン鳴いている。
私、「勉強の邪魔だから。散歩に連れて行ってよ」
母親、「私はダメよ、ご飯を作ってるから」
父親、「俺が行くの?」
私が勉強部屋、母親が台所へ行くと、父親が犬を散歩に連れて行くことになった。
父親、「家のカギは何処?」
母親、「カギなんて掛けなくても良いわよ」
父親、「ダメだよ、不用心だから」

勉強部屋にいると、玄関ドアのカギが「ガチャ」と掛かる音が聞こえた。
30分後、散歩から父親が帰って来たのだが、玄関ドアのカギが掛かる音がしない、どうしてだろう?
気になってリビングへ行くと
父親、「塗装屋さん、感じの良い人ばかりだな」
母親、「どんな人が来ると思ったの?」
父親、「てっきり、ヤンチャな人が来るかと思った」
母親、「それは偏見よ」

家の外壁塗装は約1ヶ月続いたが、音を感じたのは、足場を組む時と解体する時くらい。
窓を閉めていると、塗料の匂いさえも感じなかった。

塗装では消えない祖父の思い

祖父が亡くなって1ヶ月も経ってないのに、家の外壁塗装をすることになった。
近所の人、「お婆さん、お爺さんのことで苦労したから、忘れるためにも家を外壁塗装するのよ」
確かに、晩年の祖父は認知が進み、何をするにも家族の助けが必要だった。
私、「お母さんは外壁塗装に賛成なの?」
母親、「お婆ちゃんがすることに反対なんて出来ないでしょ」
私、「お父さんは?」
父親、「・・・」
母親、「この人は、お爺ちゃんの思い出を残しておきたい人だから、出来ることなら外壁塗装はしたくないのよ」
祖父の思い出を残しておきたいのは、内孫である私も同じ。
家の外壁には、塗装が剥げて白くなっているところがあり、それは歩くのが困難な祖父が体を支えるのに触ったところ。

外壁塗装が始まる日
母親、「今日は外食するから早く帰って来なさい」
私、「どうして外食なの?」
母親、「お婆ちゃんが旅行に行っていないからよ」
外壁塗装で祖父の思い出が消えてしまうのに、旅行へ行くなんて、祖母は冷たいな。

学校から帰ると、業者さんが家を高圧洗浄で水洗いしていた。
水洗いで汚れは取れるのだが、祖父が触って塗装が剥げたところは、そのままの形で残っていたため
私、「お爺ちゃんが触ったところは残してくれるの?」
母親、「残すわけないでしょ」
母親にも冷たさを感じた。

夜、父親が仕事から帰って来ると、祖父が触って塗装が剥げたところを、父親は触った。
母親、「親子で同じことをしているわ」
私、「えっ!?」
母親、「お婆ちゃんも触ってたわよ」
祖母と父親は親子、父親と私も親子、私も祖父が触って塗装が剥げたところを触った。

数日後、旅行から祖母が帰って来た時には、祖父が触って塗装が剥げたところは、下塗り塗料が塗られ分からなくなっていた。
私、「お婆ちゃん、おかえり。旅行は楽しかった?」
祖母、「楽しかったよ、ねえ、爺さん」
祖母が旅行に行ったのは、祖母と祖父が新婚旅行で行ったところ。

上塗り塗装が終わると
祖母、「爺さん、家がキレイになって良かったな」
祖母は冷たい人ではなかった、亡くなっても祖父と常に一緒にいる。

定期的な外壁塗装が理想的

数年前に外壁が老朽したと言っていた知人が、最近外壁塗装をしたらしく、満足そうに話してしていました。
外壁塗装をした時の感想は、想像していた以上に費用を費やす…ということです。費用が高くて、しばらくの間様子を見ながら過ごしていたのだといいます。
しかし、月日が経過するたびに色あせが目立つようになり、ようやく決心したのだとか…確かに外壁塗装は費用がかかります。
住宅の規模が大きいほど費用は高くなるのが基本です。知人の住宅は一般的な大きさですが、費用はどれくらいかかったのかは不明です。
また、外壁塗装は1日で完了することはなく、工期が長くなります。
塗装前に洗浄をして、ひびなどがあれば補修し、その後に下塗り、中塗り、上塗りというように工程がいくつかあるので工期を費やすのです。
また、見積もりをするので、そのための時間もかかります。
知人の場合天候が塗装にふさわしくない日があり、その時は工事ができなかったと言っていました。それだけ工期が延期になったそうです。
費用はかかったものの、外壁塗装をしたらきれいになり気分が良くなったようで、リフォームをして正解だったと言っていました。
定期的なリフォームは、快適に暮らすために重要なのだなと改めて思いました。

外壁塗装は意外と費用が高く、それがネックでなかなか踏み出せないものですが、老朽した状態を放置していると気になります。快適に暮らすためにも、定期的なリフォームが理想的です。

外壁塗装の費用は下げることができる

外壁塗装をした経験がありましたが、想像よりも高かったなと感じていたので義理の両親の家が外壁塗装を考えているといった時に代わりに調べてあげようと思いました。複数の業者から一括見積もりを取ることができるサービスを利用したところ、業者により金額には大きな差があることがわかりました。調べた中の一つに義理の両親の家にも営業マンがやってきたら業者があることが分かり調べていくと、外壁塗装は交渉次第で費用は下げることができるとわかったので、すぐに契約しないように伝えておきました。実際にまだ即決はできないと伝えたところ、最初に提示してきた見積もり金額からいきなり30万の値引きした金額を提示してきたので、やはり最初に高額な見積もりをだして値引きすることで安いと錯覚させる方法に違いないと感じたし、信頼できないと思ったので私が調べて良いと感じた業者に相談して見積もりを取ったところ、150万以上の差で本当にびっくりしてしまいました。安いと仕上がりが良くないのではないかと義理の両親は心配したいましたが、実際に業者のスタッフと話してみて信頼できると確信したようで良かったです。作業自体もとても丁寧であり、挨拶もしっかりしてくれると満足そうだったのでホッとしたし、予定していた日程通りに作業も終えてもらえて料金も事前に出してもらった見積もり金額通りで無駄に追加費用が発生するやうなこともなく、仕上がりにも満足できたようです。

外壁塗装をして満足できた点と不満だった点

実家が近くにあり外壁塗装をすると私が言うと、自分の家もしたいと両親が言い出したので私がお世話になる外壁塗装の業者を紹介することにしました。紹介ということから私の家も実家も少し料金の割引があったので良心的で良いなと感じたし、スムーズに対応してもらえました。それほど規模が大きな業者というわけではなかったこともあり、同時に塗装をしてもらえたわけではなくまずは私の家から行ってもらい、次に実家の塗装をしてもらうという流れでしたが、両親も問題ないといってくれました。外壁塗装の契約前には見積もり内容も細かく足し得てくれて、日程に関してもきちんと説明してくれたし万が一天気が悪くて作業できない日が続いた場合には、どの程度伸びる可能性があるのかもあらかじめ教えてくれたので親切で良かったです。作業のためには足場を組む必要があったので少し鬱陶しい感じはしましたが、それはどこの業者に依頼しても同じことなので仕方ないなと思いました。作業に来てくれるスタッフは丁寧で挨拶もしっかりしてくれる人と、あまり愛想が良いとは言えない人がいたのでその点だけは少し不満かなと思いました。塗装作業をしているところも少し見ましたが、丁寧な作業をしていてくれると素人目に見ても分かったので良かったし実家の方の仕上がりもよかったです。雨風はもちろん日光にも強くて長持ちしてくれる塗料とのことだったので、どの程度長持ちしてくれるのかなと期待しています。

建物の塗り替えは比較することが大切

建物を建てたときには塗り替える必要があるとは考えてもいなかったので、いざ塗り替えようという話になったときには料金相場もわからなかったしどこの業者に依頼したら満足できるのかもわからずかなり悩みました。インターネットで調べてみたところ業者は思いの外たくさんあることが分かったし、とりあえず見積もりを取ってみることにしました。連絡したらすぐに対応してくれる業者もあれば、現地見積もりは少し先になってしまうという業者もあったので迅速で丁寧な対応をしてくれるのはどの御者か比較することができたのも良かったです。簡易見積もりはインターネットでも取ることができましたが、本当に必要になる費用は現地調査をしてみないとわからないとはっきり言われたので、何社か選んできてもらいました、その結果業者によって必要となるトータル費用や使用する塗料を選ばせてくれるのかなど異なる点が多々あることも分かったし、料金にも納得できて信頼できそうな業者を選ぶことができたので良かったです。時期の問題もありましたが、ちょうど気候も良いタイミングだったので作業自体もとてもスムーズで事前に立ててもらった予定通りのスケジュールで進んでいったのもありがたいポイントでした。作業前にはきちんと挨拶をしてくれたし、隣の人にも挨拶に行ってもらえたのでご近所トラブルにならなくて済みました。仕上がりに関しても納得することができ、見積もり料金から追加費用が発生することもなく満足です。

外壁塗装

塗装の流れでご説明しましたが、塗装をキレイに仕上げるには下準備の各段階でコツや注意点があります。 まず、最初の外壁の洗浄です。ホースとブラシを用いて行うのがDIYでは手ごろですが、長いあいだで付着した汚れには土や砂といったホコリだけでなく、カビやコケなどのしぶとい汚れも付着しています。業者が使うような高圧洗浄機も、一般家庭用にお手頃価格で販売されていますし、ネットでレンタルすることも可能ですので、高圧洗浄機を使用してしっかりと汚れを落としましょう。 汚れを気持ちよく落とそう 汚れを気持ちよく落とそう! 洗浄作業でも落ちない汚れについては、目の細かいサンドペーパー(紙やすり)で磨き落とします。やすりを使うと傷がつくので悪影響のように思えますが、うっすらと細かい傷については、塗料の付着をよくするので塗装上は強度を上げる効果があるので問題ありませんでした。 次に、壁の劣化箇所や釘の打ち跡はしっかりと補修し、塗料が染み込まないようにコーキング材で埋めましょう。コーキング材にはシリコン系、ウレタン系など種類があり、ものによってはゴムのような素材のため、経年劣化でひび割れを起こしている場合があるので、多少面倒ではありますが、思い切って古いものを剥がして埋め直してもよいでしょう。 下準備で行う、汚れ落としやコーキング作業は塗装の強度に大きく影響します。汚れは塗料の剥がれにつながり、細かいひび割れや釘の打ち跡は外壁の劣化や塗料のひび割れを引き起こしますので、汚れやひび割れが残っていないか念入りに確認しながら行いました。

宮崎の外壁塗装

きれいなままの建物に感激

というのは、大事につかっていてもどうしても汚れたり傷んだりすることがあります。内装の場合は、そんなに気になることがありません。内装に関しては、汚れていても家自体が壊れる事はないからです。しかし外観に関しては、汚れていると恥ずかしいし雨漏り等の心配もできてくるので、早めに建物の塗り替えを行うことが大切だと思っています。私の家も、17年になりそろそろと思っていたので建物の塗り替えを行うことにしました。ところが、そのことについて全く知識がありません。どこに依頼をしたらいいのかと悩んでいたところ、友人がいいところがあると紹介してくれました。 その紹介してくれたところは、決してそんなに安い事はないのです。安いということは、それだけデメリットもあるかも知れないと思っていたのですがそのとおりだと感じることがあります。それは、近所の家を見て思う事がありました。そこは、塗り替えをして1年ぐらいで、カビのようなものが目立っていたのです。せっかく高いお金を出すので、そんなになるのは辛いですね。 そこで綺麗をしっかり維持できる建物の塗り替え会社として、そこでお願いをすることにしました。説明を受けると、とてもわかりやすいです。しかも、どんなことにどれぐらいの価格がかかっているのか詳細を知ることもできたので、とてもいい会社であると思えました。 建物の塗り替えが終わると、見違えるように綺麗になりました。しかも数年たっていますが、全く変わらず綺麗です。

外壁塗装で新築のように我が家がよみがえる

以前外装塗装をしたのがいつだったのか忘れるほど時が流れ、毎日の仕事に追われる中で我が家をじっくり眺めることもなくなっていました。 そんな中で大きな転機となったのが周辺で新築やリフォームを行う家が数件あり、真新しい建物を見たのがきっかけでした。 隣の芝は青いとはよく言ったもので、我が家と周辺の家をついつい比較してしまい久々に我が家の外壁を眺めたところ、かなり劣化していることに気付きました。 元々はオフホワイト系の色だったのがグレーのように変色し、良く見てみると所々ボロボロになっている個所も見られました。 最初は費用などを考えて気にしないと決め込んでいた家族も毎日話をしているうちに段々と外壁のことが気になり始め、台風や梅雨など面倒な季節を外して外壁塗装をしてみたいと思うようになりました。 そうなれば善は急げで、以前に外壁塗装をお願いした工務店に連絡をして担当者に来てもらうことになりました。 分厚いファイルのペンキの色見本を沢山持って来ていただき、家族を交えてどの色が良いのか考えました。 我が家の人間はこういう時にすぐに決められない性格ですが、それでも担当者の方が嫌な顔ひとつせず、じっくり選びたいですよねと付き合ってくれたのがありがたかったです。 最終的にはこれまでと同じオフホワイトではなく気分を変えたいと思い、少し黄色が入ったアイボリー系の色に決めました。 施工の当日は丁寧な養生が行われ、我が家の窓だけではなく近隣の家にも余計なペンキが飛ばないような工夫がされており、以前に頼んだ実績もあり安心して見ていられました。 ツートンになったり屋根に触れる場所でも垂れることなく、しっかりとした綺麗なラインで塗られているのも流石プロの職人の仕事だと思いました。 完了した外壁塗装は納得の仕上がりで、理想のアイボリー系の色で新築の頃によみがえったようでした。 近所の方からもアイスクリームみたいな色、プリンみたいな色と言われたり、綺麗になりましたねなどと言われて好評で嬉しい気持ちになりました。 これを実現できたのもスタッフの皆さんのおかげで、家族一同感謝しています。